アンがーマネジメント

20170811 お知らせNo.4(宮崎)

九州支部からのお知らせ 第4弾

親子で学ぶアンガーマネジメント(宮崎)

宮崎県で初開催です!

  • 夏休みの自由研究でも使えるかも?
  • アンガーマネジメント興味ある。
  • チョット聞いてみたい

お気軽な気持ちでご参加ください。

アンガーマネジメントは誰でも持っている怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングです。

年齢、性別、職業に関係なくどなたでも簡単にと

夏休みを親子が笑顔で過ごすために学んでみませんか?

宮崎在住のファシリテーター、キッズインストラクターが皆様をお待ちしております。

 

20170811

あっという間に6月が終わろうとしています。

6月4日の「怒らずに伝える技術」からあっという間でした。

 

さて、その後皆様はアンガーマネジメントを実践されているでしょうか?

アンガーマネジメントは怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング。

つまり、毎日意識して実践することが上手になるポイントです。

 

さて、今日のタイトルは

 

「20170811」

 

何の何号かわかりますか?

 

そうです、2011年8月11日 山の日

 

日本アンガーマネジメント協会 九州支部のメンバーが夏休みにむけて何かを企んでいます。(^^)

 

実は、夏休みに親子でアンガーマネジメントを学べるイベントを企画しています。

 

夏休みに親子でアンガーマネジメント学んで無駄なイライラから開放されませんか?

もちろん自由研究の課題としてもいいかもしれませんね。

ご家族で一緒にアンガーマネジメントを体験されるのもいいかもしれません。

 

詳細は決まっているところから少しずつアップしていきます。

まずは日程の確保だけしてください。

迷ったなら怒ってしまえ!

今日はある会合でアンガーマネジメントの話になりました。

たまたま名刺交換をさせていただいたかたが、N証券の支店長さん。

N証券さんは全社員が1万数千人がアンガーマネジメントを受講されている会社です。

その支店長さんとお話をしていて感じたことがあります。

アンガーマネジメントをしている人によくある落とし穴です。

 

アンガーマネジメントをしていると、怒りの感情に対して耐性が出てきます。

そうすると、「こんなことで怒ってはダメ」という心理が働いてきます。

周りからも「そんなことで怒るの?」と言われるのではないかと思われるから。

 

アンガーマネジメントは怒ってはダメとは言っていません。

起こる必要のあることは上手に怒れ、怒る必要のないことは怒らずにすむようになること。

怒って後悔するなら怒らない。怒らずに後悔するなら怒る。

怒るか怒らないかの線引をすることが大事であると言っています。

 

人間なぜ怒るのか?それは自分が大切にしているものを守るためです。

 

だからある意味、迷ったら怒ってしまえ!と私は思います。

そこで後悔するなら次は怒らなければいいこと。

後悔しなかったら怒るべきだったということ。

ただそれだけです。

 

ただし、怒る=怒鳴る、大声でわめく、叩くではありませんよ。

 

怒ることは、自分が嫌だっったこと、こうしてほしかったということを伝えることです。

 

私自身も怒り方で随分失敗をしてきました。今でも失敗します。

でも、アンガーマネジメントを知っているので、トレーニングをします。

もっと上手に怒れるようになるために。

 

もし、怒りの感情で同じ失敗をしたくないなら一度アンガーマネジメントを学んでみませんか?

 

6月4日(日)福岡で「怒らずに伝える技術」としてアンガーマネジメントの講演を聞くことができます。

お申込みはこちら ↓↓

 

【イライラした時は◯◯◯するの!】

連休も後半ですね。

今の時間から帰省ラッシュが始まると予報がでています。

ゆっくり休んだかかた、思いっきり遊んだかた、仕事だったかた

疲れも溜まっているころです。

そんな時はイライラしがちになっています。

 

機能たまたまテレビを見ている時に

最近話題のブルゾンちえみさんが出ていました。

いつもの調子で遠賀家に乗せて

「イライラした時はどうすればいいか?」

 

答えは↓↓↓

 

 

「そう深呼吸をするの!」

 

アンガーマネジメントそのものです。

 

イラッとしたらまず深呼吸です。

6月4日(日)

「怒らずに伝える技術」をテーマにアンガーマネジメントを学んでみませんか?

安藤代表が一般向けに公演することはめったにありません。

しかも福岡で。

またとないチャンスです。

先日も厚生労働省のパワハラ防止対策会議の委員に選出をされています。

厚生労働省もパワハラ防止に力を入れている証拠です。

もちろんビジネスだけではなく教育現場や家庭でも活用できるものです。