パワハラ防止

若い人は怒られ慣れていない?

「最近の若い人は怒られ慣れていない。」だから怒ると萎縮するという話をよく聞きます。

本当に怒られ慣れていないのでしょうか?

そもそもあなたの怒るとはどういうイメージでしょう。

  • 大声をあげる
  • 強く言う
  • 怒鳴る
  • 睨む
  • 机を叩く

 

 

確かに怒っている表現としてはあるでしょう。

でも「怒るとはどういうことなのか?」

本当に理解していますか?

なぜあなたが怒ったことが伝わらないのか考えたことありますか?

 

怒る側は常に自分が正しいと思っています。

もちろん怒られる側も同じように正しいと思おもっていますよ。

つまり、怒る側と怒られる側の価値観のミスマッチが伝わらない原因の一つでもありす。

 

そして、「怒る」怒り方が間違えています

 

アンガーマネジメント的に言うと

怒る≠怒鳴る、大声をあげる、強く言うなどではありません。

 

もちろんそのように怒ったほうが効果がある場合もあるので否定はしません。

でも殆どの場合が怒るとうまくいかないことのほうが多いのが現実です。

ビジネスを円滑に進めていく上でもっと上手に、もっと効果的な怒り方があるとすれば学んでみたくありませんか?

 

6月4日(日)アンガーマネジメントの第一人者、安藤俊介か福岡で講演をいたします。

テーマは「怒らずに伝える技術」です。

お申込みは下記より受け付けています。

感情をコントロールする?

感情をコントロールするか、感情にコントロールされるかでは大きな違いがあります。

あなたは感情のコントロール方法を知っていますか?

うれしい、楽しい時はすんなりと事がすすむけれど、

イライラやムカムカしたときには判断ミスをおかしやすくなります。

先日もサッカーで感情に支配されて退場処分になりましたよね。

特に怒りの感情には要注意です。

怒りにコントロールされてしまうと自分だけはおろか、周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

もしこれが自分の仕事なら?

お取組み先や、お客様とのトラブルになり会社の信用問題になってしまいます。

感情、特に怒りの感情にコントロールされないためにはどうすればいいか?

それは日頃から自分の心の状態を常にチェック、管理することです。

 

どうやって管理するかと言えば、

 

まずは怒りのメカニズムを知ることです。

 

実は、怒るか怒らないかを決めているのは実は、「あなた自身です」

怒りのメカニズムは

 

事実(出来事)→認知(どう感じたか)→怒る

 

ということを繰り返しています。

このメカニズムを理解学ぶことが出来るのがアンガーマネジメントです。

 

経営者やビジネスリーダーはイライラしがちです。

その理由もアンガーマネジメントを学ぶと理解することが出来ます。

怒りにの感情に支配されるか? or 怒りの感情をコントロールするか?

それはアナタ次第です!

この機会に怒りのコントロール方法を学んでみませんか?

 

アンガーマネジメントは誰でも出来る!

アンガーマネジメントって特別なものではありません。

自転車に乗るのと同じように、トレーニングすれば誰でも出来るようになるものです。

一般には「怒り」の」感情をコントロールするテクニックを知りません。

なぜなら、学んだことがないからです。

いままで私たちの怒り方の先生は

  • 学校の先生
  • 会社の先輩や上司

を見よう見まねで学んだ結果です。

だれも正しい怒り方なんて学んだことがないんです。

学んだことがないのに出来るはずもありません。

アンガーマネジメントを学べば上手な怒り方の基本を学ぶことが出来ます。

最初はぎこちないかもしれませんが、やっていくうちに上手になるものです。

 

経営者・ビジネスリーダーにこそ学んでほしいのがアンガーマネジメントです。

それは、企業防衛につながるからです。

怒り方一つを間違えると、パワハラになったり、お客様とのトラブルになったり企業の信用問題にまで発展します。

 

もし、上手な怒り方を学びたいとお思いでしたら、一度アンガーマネジメントを聴いて見ませんか?

 

6月4日(日)

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会 代表理事の安藤俊介が

福岡で「怒らずに伝える技術」とだいして講演をいたします。

5月14日までにお申込みいただくと早期割引価格で参加出来ます。

 

パワハラ防止にアンガーマネジメント

「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」の委員に

弊会代表の安藤駿介が選任されました。

厚生労働省もパワハラ防止に対策にアンガーマネジメントが効果があると判断しているようです。

実際のところ、企業研修でもパワハラ対策としてアンガーマネジメントの需要は高まっています。

厚生労働省

 

6月4日(日)

「怒らずに伝える技術」と題してアンガーマネジメとの講演を開催いたします。

一度アンガーマネジメントを聴いて見ませんか?